DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、全世界・全業界の企業が避けて通れないデジタル技術による業務やビジネスの変革のことを意味します。
2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって提唱された概念で、「進化し続けるテクノロジーが人々の生活を豊かにしていく」という意味が込められています。
日本の経済産業省や様々な調査会社の資料には、デジタルトランスフォーメーションの英語表記は「Digital Transformation」としていますが、略称は「DT」ではなく「DX」としているケースが見られます。「Trans」を「X」と略すのが英語圏の表記に準じているそうです。

弊社ではDXの主な研究題材として、
① RPA(ロボティックプロセスオートメーション)
② オフィシャルサイト分析
③ レベニューマネジメント
の3つを軸に、さまざまな最先端のデジタル技術を用いて施設運営のビジネスに対するサポートを行っています。

関連記事一覧

最近の投稿

アーカイブ